TOPIXが上昇しやすい曜日を調べてみた。

こんばんは。久しぶりの更新となりました(笑)。

つい数日前アナリティクスを見たら、いきなり1000人くらいのアクセスがあって驚きました!

アクセス元はほとんどがtwitterだったのでどなたかが紹介してくださったのでしょうか。よくわからないけどありがとうございました!

さて、今回はTOPIX指数が上昇しやすい曜日を検証してみました。

TOPIX指数は日ごろあまり見ないので今回はTOPIX指数の特徴を知るためにも分析してみました。

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク

今回使ったデータ

1991年1月4日から2017年10月20日までのTOPIX指数の日足データです。

今回も2パターン用意しました。
1パターン目は、特定の曜日の市場が開く朝9時時点のTOPIXの数値と、市場が閉じる15時時点のTOPIXの数値を比較したもの。
2パターン目は、特定の曜日の市場が閉じる15時時点のTOPIXの数値と、次の市場が開く朝9時時点のTOPIXの数値を比較したもの。
※棒グラフは積み上げ式棒グラフです。

パターン1の検証結果

まずはパターン1の全体の検証結果です。

全体の検証結果

すべての曜日で上昇割合が5割を切りました。

一番上昇割合が高いのは木曜日で一番低いのは月曜日となりました。

ここら辺は日経平均株価と似たような結果になりました。

月曜日の検証結果

月曜日は右肩下がりのグラフになりました。

これは日経平均株価の月曜日の結果ととても似てますので月曜日は株価が全体的に下がりやすい曜日と言えそうです。

火曜日の検証結果

火曜日はあまり一貫性はなさそうです。

直近は火曜日のパフォーマンスは上昇傾向にありますが、昔と比べるとパフォーマンスが下がっています。

水曜日の検証結果

水曜日は時期によって大きくパフォーマンスが変わることがわかります。

昔は水曜日は五分五分が続いていたようですが、途中から一気にパフォーマンスが低下して、その後は上昇傾向にあります。

今後も、しばらくはこの上昇傾向は続きそうですが、水曜日の投資は見極めが必要です。

木曜日の検証結果

木曜日はあまり一貫性はないようです。

時期によってパフォーマンスが異なりますので判断が難しそうです。

最近は下落傾向にありますので木曜日の投資は微妙です。

金曜日の検証結果

金曜日のグラフはすこし水曜日のグラフと似ています。

最近は上昇傾向にあるようですので金曜日の投資はありかもしれません。

パターン2の検証結果

次にパターン2の検証結果です。

全体の検証結果

パターン2は特定の曜日の15時にTOPIXを買って、次の日の朝9時に売るという手法です。
例として、月曜日の15時に買って次の日の火曜日の9時に株を売って利益が出た場合は月曜日の利益としてカウントします。

すべての曜日で5割を上回りました。

月曜日が1番上がりにくいのには変わりはないようです。

水曜日と金曜日が上昇確率が高いようです。

月曜日の検証結果

月曜日は一定期間でパフォーマンスが変わるようです。

最近は上昇傾向のようですので月曜日の投資はありかもしれません。

しかし時期によってパフォーマンスが変わりますので注意が必要です。

火曜日の検証結果

火曜日はほとんど右肩上がりのグラフとなりました。

火曜日の市場が終わる15時にTOPIXを買って次の日の水曜日の朝9時に売るという手法はかなり有効だと考えられます。

水曜日の検証結果

水曜日もほとんど右肩上がりのグラフとなりました。

水曜日も火曜日と同様に積極的に投資しておいたほうがよさそうです。

木曜日の検証結果

木曜日もほとんど右肩上がりのグラフとなりました。

直近では少し勢いが落ちてきているものの長期的にはパフォーマンスがよいので木曜日も投資には向いているようです。

金曜日の検証結果

金曜日もほとんど右肩上がりのグラフとなりました。

金曜日も積極的に投資していきましょう(笑)。

まとめ

TOPIXに投資をするのであれば、9時から15時の時間は上がりにくいようですので、15時あたりに買って次の日の朝に売るほうが良いでしょう。パターン2では月曜日を除くすべての曜日でパフォーマンスがよいので、そこだけ投資しておけば良さそうです。

結果的には日経平均株価の検証と似たような結果になりましたが、日本株は全体的にこんな感じなのかなと思いました(笑)。

次はTOPIXが上昇しやすい月を検証していきたいと思います!

※TOPIX連動型ETFを購入したい場合は、松井証券とSBI証券が手数料が安くてよさそうです!

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする