仮想通貨の簡単な説明と今後の仮想通貨がどうなるかを予想してみた。

僕がはじめて仮想通貨の存在を知ったのは、たまたま見ていたニュースでマウントゴックス(ビットコイン取引所)の社長が頭を下げているのを見たときでした。

当時の僕はそういうことは全く分からなかったので、ビットコインというものを悪用した詐欺事件なのかと勘違いしてました(笑)。

しかし、大学に入り経済学を勉強する過程でビットコインと再会し、当時の認識が大きく間違っていたことに気づかされました。

多分、昔の僕と同様の考えを持つ人が多いと思うのでここで説明したいと思います。

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク

仮想通貨の簡単な説明

仮想通貨は、ほかの呼び方で暗号通貨(cryptocurrency)と呼ばれています。

日本では仮想通貨という呼び方で通ってますが、世界的には暗号通貨と呼ばれているようです。僕もなるべく暗号通貨というようにしています(笑)。

仮想通貨の代表はビットコインで、そのほかにもイーサリアムやネム、リップルなど多くの種類の仮想通貨が存在しています。このビットコイン以外の仮想通貨をまとめてアルトコインと呼びます。

ビットコインの作成者は、サトシ ナカモトという人物で名前だけ見ると日本人のようですが実際のところはわかりません(笑)。

ビットコインの仕組み

僕たちが普段使っているお金は中央銀行や政府が管理していますが、ビットコインには発行者も管理者も存在しません。その代わりにブロックチェーンというものが使われています。

ブロックチェーンは多くのコンピュータで形成されたネットワークで管理されていて、このような仕組みはpeer to peer(P2P)と呼ばれています。このP2Pと言う仕組みは、LINEやskypeなどにも使われているようです。

ブロックチェーンには、過去のビットコインの取り引きのすべてが記録されており、単に記録するのではなく、いくつかの取り引きを1つのブロックにまとめて記録し、それを直前にできたブロックとチェーンのようにつないで記録します。この記録は改ざんすることがほぼ不可能となるように作られているので二重取引などはできません。

このブロックチェーンを記録するためには、ある程度の計算が必要で、一番早く答えを見つけた人が報酬としてビットコインを受け取ります。これをマイニングと呼びます。このマイニングの報酬分ビットコインの総供給量が増えていくという仕組みです。

マイニングで有名なのは中国で、とある工場ではものすごい数のコンピュータを使ってマイニングをしています。マイニングは電気代の安い国でするのが有利なので中国に多くのマイニング工場ができたのでしょう。

少し前にビットコインが分裂しましたが、これは主要なマイナー(マイニングする人)とビットコインを使いやすくするように設計を変更したい開発者による意見の対立によるものでした。マイナーたちからすればこの変更のおかげで自分たちの持っているマイニング用のコンピュータの優位性が下がるわけですから当然反対しますよね(笑)。

ビットコインの取り引きはすべて公開されていますが、公開されているのは数字とアルファベットがごちゃごちゃ混じったアドレスだけであるため、現実の個人を特定するのはほぼ不可能です。そのため、ビットコインは犯罪などで利用される場面が多く、そういうニュースでビットコインの名前が出てくるたびにビットコインの信用が下がってしまいます(笑)。

仮想通貨を取引するためには、まず取引所に口座を作らなければいけません。取引所は複数あるので好きなところで登録すればokです。仮想通貨を買ってウォレットと呼ばれる財布みたいなものに入れれば、送金したりできます。

さて、次は仮想通貨の送金手数料ですが2016年始めあたりまではクレジットカードより安く、しかも数十円単位の少額決済にも向いているとされたいました。なので、仮想通貨は価値が安定すればクレジットカードより使い勝手がいいとされていましたが価値が上がりすぎて送金手数料が大幅に上がってしまいました(笑)。

ビットコインは送金手数料が大幅に上がってしまったのに加えて、使う人が増えすぎて送金が完了するまでにかかる時間が従来想定されていた10分程度から数時間程度まで伸びてしまいました。これでは通貨としての使い勝手が悪すぎて使えませんね(笑)。

仮想通貨の価格上昇の背景

ビットコインなどの仮想通貨は最初のころのほぼ価値がなかったころから現在まで、ものすごいスピードで価格が上昇しています。

日常的に使う通貨というより、完璧に投機のための商品となってしまっています(笑)。

僕はこの1、2年の急激な価格上昇の背景には世界的な金余りが関係していると考えています。

少し前まで、アメリカやヨーロッパ、日本などは足並みをそろえて大規模な金融緩和を行い大量のお金を市場に供給してきました。

そのおかげで世界的な株高がおこり個人投資家やファンドなどが大きな利益をだすことができたというわけです。

その儲けをだした投資家たちが、資金の一部を利回りのいい仮想通貨に投資したことが急激な価格上昇につながったのではないかと僕は考えています。

ほかにも金融緩和をすると国債などの金利が大幅に下がるので、やはり利回りのいい仮想通貨に資金が向かったものと考えられます。

バブルはいつも金融緩和を行った後におこりますが今回も例外ではないと考えています。しかも今回の金融緩和は過去と比べても規模がおおきいです。なのでバブルが起きるとしたら過去のものより大規模なバブルが起こる可能性があります。

バブルは、チューリップバブルや株バブル、不動産バブルなど形を変えてやってきます。

しかし、一度起きたバブルはみんな知っているのでバブルが起こりづらくなってしまいます。

一度バブルを経験した人はバブルの怖さを知っているので投資に簡単に手を出さなくなりますが、いまの仮想通貨を支える若い世代はだれもバブルを経験したことがありません。

つまり、仮想通貨はバブルが起きる条件にピッタリと当てはまるのです。

これから本当にバブルが起こるとすればこんなものではありません。

もし、証券会社や銀行などが仮想通貨をつかって金融商品を作り始めたらバブルが起きるサインです。

それまでに仮想通貨を持っておくと、うまくバブルの波に乗ることができます。

最近そういう話がちらほら出始めたので、もうそろそろバブルが始まるかもしれません。

ぼくはバブルがいつ来てもいいように、今のうちに準備をしておきます。

仮想通貨の今後

僕は、投機商品としての仮想通貨も好きですが、それより仮想通貨は日常的に使えるようになってほしいので価値が変わらない1コイン=1円の仮想通貨ができてほしいです。最近では、日本の銀行が協力して日常的に使えるような仮想通貨(Jコイン)を作ろうとしているので、それが出るのを楽しみに待っています。もしビットコインのような今は価値が上がっている仮想通貨が数年後に価値がなくなったとしても、その仮想通貨の仕組みや考え方は将来きっと役に立つと考えてます。なので、仮想通貨は今うちに勉強しておきましょう!

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする