経済一覧

2020年以降の日本の景気後退に備えて。オリンピック後の日本経済を予測してみた。

今回はポスト2020年、東京五輪後の日本経済がどうなるか予想してみました。僕の見通しでは2019年頃から景気は悪くなり2030年ぐらいまでは不景気が続くとみています。人口は減少し給料は下がり続けます。就職難が続き、消費税増税で消費も停滞、またデフレに後戻り。さらに仕事はAIに奪われ不況と合わさり生活が苦しくなる人が続出

日本の好景気と株価上昇はいつまで続く?過去のアメリカを参考に予想してみた。

今回は日本の景気拡大とアベノミクス相場が今後いつまで続くか予測します。2020年に東京オリンピックを開催する日本ですが、その時まで良好な日本経済は継続するのでしょうか。その問題を解くために過去の景気後退時に見られた米国債金利の長短金利差の縮小(逆イールド)がどの時点で起こるのかを考察し日経平均株価がいくらまで上がるか。

金融緩和(アベノミクス)による経済格差拡大について考えてみた。

アベノミクスが始まって以降、日銀の大規模金融緩和によって円安になり企業業績が大幅に拡大しました。しかし、企業は儲けた利益を内部留保として貯めるばかりで労働者に還元しようとしませず働いている人の給料は上がらないままで労働分配率は大幅に低下してきています。一方で株は二倍以上に上昇し、投資家・富裕層と労働者の格差は拡大。

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク