株は下がった時が買い時!株が今後どのくらい安くなるか、仕込むタイミングはいつか考えてみた

次の日本株の暴落に向けて、今後株価がどのくらい下がるか、株を仕込む時期はいつがいいのかを考えてみました。長短金利差の動向から2019年に逆イールドが発生し、2020年には株が下落を始め、過去の暴落時をみても株価が半分以下になる可能性があるので今は投資せずに、次の好景気前に株を仕込もうと思いました。

【株のアノマリーまとめ】NYダウが上がる時期を分析してみた。

NYダウのアノマリーを月別・曜日別・週別・日別に分析してまとめてみました。セルインメイに言われるように5月に株を売って9月の半ばに株を買い戻す手法を使うと利益が出やすいと思いました。機関投資家の夏休みによる夏枯れは確認できました。NYダウは日本株と反対で、日中が上がりやすく、夜間は下がりやすい傾向がありました。

米国株は暴落したときが買い時?米国株が安くなるタイミングと、仕込む時期を考えてみた。

次の米国株のショックに備えて、米国株が安くなるタイミングと、仕込む時期、ドル円が円高になる時期を考えてみました。長短金利差の動向から2020年に株価下落が始まり、数年後に株が半値くらいまで下がった時にドル建て米国ETFと積立NISAの米国株投資信託を仕込むために今は貯金をしておこうと思いました。

【株のアノマリーまとめ】マザーズ指数が上がりやすい時期を調べてみた。

マザーズ指数の月別・曜日別・週別・日別の上昇率を分析してみました。日経平均と違い月曜日と金曜日が上がりやすいということを除いては、似たような結果となりました。個人中心の相場とはいえど、やはり海外投資家は入っているようで夏枯れの時期は上がりにくいようです。春や冬の時期は上がりやすいようです。

【株のアノマリーまとめ】日経平均株価が上がりやすい時期を調べてみた。

日経平均株価の月・曜日・週・日ごとのアノマリーをまとめてみました。日本株は春ごろと秋から冬にかけて上がりやすく、夏場は下がりやすい傾向にあるようです。曜日は月・火曜日は上がりにくく、水・木・金曜日は上がりやすいようです。日別では月初めと月後半は上がりやすい傾向にあります。また、日中は株は上がりにくく夜間は株が上がりやすいようです。

経済学部の大学生が卒業までにやるべきことをまとめてみた。

経済学部の学生が在学中にやっておくべきことは何かを書きました。就職などのことを考えて新聞を読むのはもちろん、英語の勉強や株式投資の勉強それに加えて情報を発信するためのブログ作成など、あまりほかの大学生がやっていないようなことも紹介します。AIに仕事を奪われた時の対策として、趣味を極めることもおすすめします。

2020年以降の日本の景気後退に備えて。オリンピック後の日本経済を予測してみた。

今回はポスト2020年、東京五輪後の日本経済がどうなるか予想してみました。僕の見通しでは2019年頃から景気は悪くなり2030年ぐらいまでは不景気が続くとみています。人口は減少し給料は下がり続けます。就職難が続き、消費税増税で消費も停滞、またデフレに後戻り。さらに仕事はAIに奪われ不況と合わさり生活が苦しくなる人が続出

日本の好景気と株価上昇はいつまで続く?過去のアメリカを参考に予想してみた。

今回は日本の景気拡大とアベノミクス相場が今後いつまで続くか予測します。2020年に東京オリンピックを開催する日本ですが、その時まで良好な日本経済は継続するのでしょうか。その問題を解くために過去の景気後退時に見られた米国債金利の長短金利差の縮小(逆イールド)がどの時点で起こるのかを考察し日経平均株価がいくらまで上がるか。

株初心者が口座開設するならどこの証券会社がおすすめ?ネット証券の選び方

今回は株式投資初心者が口座を作るときにどこの証券会社を選ぶのがおススメかをまとめてみました。株初めての方に人気なのはIPOに強いSBI証券で、ほかには手数料の安いライブスター証券、初心者には優しい松井証券などがあります。どれにしようか悩むのであれば、あとあと作らなくて済むようにまとめて作ってしまうのがお勧めです。

大学生が株式投資をするメリットとデメリットを体験談を交えて説明してみた。

学生のうちに株式投資を始めるメリット・デメリットをまとめました。株を始めると経済学の勉強にもなり就職に有利になりますのでおすすめです。初心者のうちは儲かることは難しく損する危険もありますが、長い目で見ると人生のなかに資産運用を組み込むことができプラスだと思います。また今後の日本では投資は重要な要素になってくると思います

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク

h2手前レクタングル大



スポンサーリンク